スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【こうして生まれた ヒット商品の舞台裏】ネスカフェ バリスタ ネスレ日本(産経新聞)

 ■おしゃれなカフェを自宅に

 世界唯一のインスタントコーヒー専用のコーヒーマシン。機械上部に専用の粉をセットし、後部タンクに入れる水と牛乳を用意すれば準備完了。ボタンを押すと数秒でコーヒー1杯分の出来上がり。コーヒーの種類もブラックコーヒー、ブラックコーヒーマグサイズ、エスプレッソ、カプチーノ、カフェラッテの計5種類と豊富だ。

 昨年の大手スーパーでのテスト販売後、先月1日、通販サイトで1日50台限定で発売。初日は5分で完売し、販売台数を100台、150台に増やしたが、10分程度で売り切れる日が続き、品薄状態に(近日中に予約販売再開予定)。

 開発のきっかけはおしゃれなカフェが増えたこと。ソリュブルコーヒービジネス部の深谷龍彦部長は 「カフェでさまざまな味や飲み方でコーヒーを楽しむ。でも本格的なコーヒーマシンがないため、家ではコーヒーを楽しむのをあきらめている人が多いと考えた」。

 目指したのは、全世帯の約7割に普及するインスタントコーヒーを使い、自宅で手軽にカフェと同じようなコーヒーを楽しめる機能だ。幅17・6センチ、奥行き28・5センチ、高さ35・9センチ、重さ3・6キロと小型ながら、温めたコーヒーに気圧をかけることできめ細かい泡を実現。牛乳はノズルを使わず、熱湯ジェットでフワフワに泡立てることで洗う際の手間を軽減させた。9千円と手ごろな価格もあってヒットにつながった。

 デザインにもこだわった。ボタンは見やすい文字をあえて廃した。黒とベージュの配色で、居間や書斎でインテリアとしても置いてもらえるようシンプルに徹した。

 コーヒーの知識が全くなくても、操作するだけで誰でもバリスタ(コーヒーを淹(い)れる職人)になれる1台かも。(小川真由美)

将棋 三浦の策に羽生長考 名人戦第2局(毎日新聞)
世界経済「予想以上の回復」確認=人民元問題は触れず-G20閉幕(時事通信)
【思いを託す JR脱線・被害者へ】(1)長女を失った木下建一さん(43)(産経新聞)
<財政審>26日に総会開催 会長に吉川・東大教授選任へ(毎日新聞)
16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う-佐賀県警(時事通信)

元最高裁判事の理事長、借用1500万を返済(読売新聞)

 法務省所管の社団法人「民事法情報センター」が、理事長を務める元最高裁判事の香川保一氏(88)に、無担保無利子で1500万円を貸し付けていた問題で、千葉法相は16日の衆院法務委員会で、センターが香川氏から貸付金の返済を受けていたことを明らかにした。

 返済は15日付だった。千葉法相は、貸付金について「公益法人が特定の理事に対して便宜を図っていると指摘されかねないもので、公益法人として不相当」と答弁した。

 また、香川氏が共同経営する法律事務所を2006年6月から、センターが借りているビルのフロア内に入居させていたことも明らかにした。センターは、年間約340万円の家賃は受け取っているが、入居の際、敷金や保証金は受け取っていなかったといい、千葉法相は、「存続させた方がいいのか、そうではない法人なのか改めて検討し、必要な対応を示していきたい」と述べた。

NHKに「工藤会」名乗る抗議電話 警視庁が捜査(産経新聞)
<山崎宇宙飛行士>地球帰還、20日に延期…気象条件悪く(毎日新聞)
JR西社長、再発防止策を報告=国交相「定着が大事」-報告書漏えい(時事通信)
区民ミュージカル 25日、2年ぶり再演(産経新聞)
17年前にも「創新党」 小沢氏ら、新生党旗揚げ時に検討(産経新聞)

<北海道>30年後に410万人台…道経済連が人口推計(毎日新聞)

 北海道の人口が30年後の2040年には410万人台に減少するとの推計を、北海道経済連合会(会長、近藤龍夫・北海道電力会長)が19日発表した。国立社会保障・人口問題研究所が公表している35年までの人口推計を基に独自集計したものだが、生活圏域別の釧路・根室圏と道南圏では40%以上の減少率となり、「地域の存続自体を危うくする事態」と警告している。

 集計は35年の国の人口推計に、直近の国勢調査(05年)の結果を反映。現在約551万人の道内人口は、2025年には500万人を割り込み、同40年には05年比で26.4%減の414万人になると試算した。

 道内6圏域別の減少率(05年比)は、釧路・根室圏が40.5%と最も大きく、道南圏が40.1%、オホーツク圏37.7%と約4割減少。札幌市を含む道央圏でも同20.2%。市町村別では福島町68.3%▽夕張市67.5%▽三笠市65.7%と、旧産炭地や過疎地域で減少幅が大きく出た。

 また、道内1平方キロ当たりの人口密度は05年の80人から同30年に66人に低下。10キロ四方に住民が一人もいない「人口空白地域」も道内全域で新たに71地点増え、計187地点になると分析している。【鈴木勝一】

大阪・池田、神戸の2教会に消火器 関連を捜査(産経新聞)
馬毛島に米軍訓練移転=沖縄負担軽減へ政府検討(時事通信)
<スカイマーク>茨城就航間に合った 整備士非常駐案に許可(毎日新聞)
国民への意識調査、第1弾を5月に実施-高齢者医療制度改革で厚労省(医療介護CBニュース)
最大7・5mの雪の回廊開通、岩手と秋田結ぶ(読売新聞)

<浅口市長選>元県議の栗山氏が初当選 岡山(毎日新聞)

 浅口市長(岡山県)元県議の栗山康彦氏(55)が初当選。内科医の姫井成氏(68)を破る。投票率は77.12%

 ◇確定得票数は次の通り。

当12710 栗山康彦=無新<1>

 10750 姫井 成=無新

殺人容疑で同居女再逮捕=トランクケース女性遺体-警視庁(時事通信)
観光地「朗報」利用者「戸惑い」 高速上限料金制(産経新聞)
山崎直子飛行士 ISSが日本海上空を通過(毎日新聞)
<坂本龍馬像>飲酒運転はいかんぜよ 巨大人形で呼びかけ(毎日新聞)
長谷川等伯展 京都でも10日開幕(毎日新聞)

川端文科相「小学校の管理体制に不備」 鹿児島の小3男児転落事故 (産経新聞)

 鹿児島県霧島市の市立陵南小学校で、小学3年生の男児(8)が授業中に校舎屋上の天窓から転落した事故について、川端達夫文部科学相は9日の閣議後会見で「授業中に起きた事故で、ソフト面でもハード面でも管理体制に不備があった」と学校側の対応を問題視した。

 小学校の天窓から児童が転落する事故をめぐっては平成20年にも、東京都杉並区の小学校で、6年生男児(12)が死亡している。文科省は昨年、全国の小学校に対し、天窓の周辺にさくを設けるなどの事故防止策を講じるよう指導してきた。

 それにもかかわらず、再び同様の事故が起きたことについて川端文科相は「現場の先生は、ある程度時間がたつと児童の安全確保に対する意識が風化し、若干ルーズになる部分がある」と指摘。そのうえで「全国的に点検と安全確保を周知徹底することが必要だと思っている」と述べ、全国の小学校の事故防止対策について調査する意向を明らかにした。

【関連記事】
校長ら2人略式起訴 東京・杉並区立小の天窓転落死
ゲームカードを取ろうと…新潟の小5、川に転落し死亡
小6が校舎3階から転落?重傷 岐阜、全校集会の直前
「とっさに体動いた」女性救出のお手柄男性に感謝状
校舎3階から小4男児転落…偶然通行中の女性がキャッチ!

親ぼく会費430万円着服で消防職員を処分 大阪・吹田市(産経新聞)
【Web】ニコニコ動画が楽天の試合を生中継(産経新聞)
真央・ヨナの靴調整の男性「リンクが解雇権乱用」(読売新聞)
<雑記帳>「国内初のクレーター」公式認定めざし論文(毎日新聞)
<訃報>大澤利昭さん79歳=元東京薬科大学長(毎日新聞)
プロフィール

しもむらよしいちさん

Author:しもむらよしいちさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。